監視カメラ設置のメリット

監視カメラ設置についての知識をつけよう!

防犯カメラは無線も人気

防犯カメラは画質があらいイメージがある人も多いはず。
最近スマホでもかなり高解像度の写真を手軽にとれて、それと比較すれば映像はあらいように思えます。
そして防犯カメラの用途ですが、ざっくり全体を見渡したいのなら高画質の必要はありませんが、
不審者の顔がしっかり分かったり、ナンバープレートを見分けるようなことなら一定の解像度が必要。
一般的に100万画素以上なら、防犯カメラは高画質の部類で、高画質でもリーズナブルなものはあって、

用途に合わせ購入検討してください

さらにクリアなものを選ぶなら、ハイビジョンカメラも選択肢に入れてください。
そして、無線防犯カメラの電波はどれぐらい飛ぶのでしょう?
これが気になるかTが多いですが、あまりに短ければ設置場所も限られて、
周囲の壁、環境により電波距離がさらに縮まるケースがあります。
防犯カメラに使われてる電波周波数は2.4GHz帯が主流で、到達距離は、環境に影響しますが、一般に50~100メートル。
そして、電波法に違反したカメラを知らないで運用してるケースもよくあり
これは、電波犯罪法になって罰則を科せられてしまいます。


そして、
楽天市場では5万円前後の高価格帯のものもトップ10内に複数ランクインしています。


屋外設置なら雨対策を

屋外設置するときに重視したいのは、防水機能がありますが、基本野ざらしのところに設置するので、
雨、風など自然現象にある程度耐えられる物がなければ機器の状態を維持できません。
雨が降り続けた日はカメラが心配になります。
屋外予防犯豆らは最低限防水対策がされていますが、大きく2つのレベル分けされていて、

直接雨がかからない軒下など設置する防滴仕様や、直接雨にかかっても問題ない防雨仕様
設置コストなど勘案したら、購入検討するのがいいです。
そして、旅行中ペットの様子など気になる方は少なくありませんが、
そうした問題を解決するツールで防犯カメラが役立って、
この映像をスマホから確認できるようにすればいいです。
そして、スマホに対応する防犯カメラも数多く販売されていて、ちょっと買い物へ行くとき、
小さな子を残して心配になることもありますが、スマホで外出先から確認できれば安心して出かけられます。
そして旅行中に不審者が出てきたときも通報したり対策を打てて、この機能はとても有用です。


また、WIFI接続できて、いつでもスマホで確認できるカメラ。
これを遠隔操作でき、さらに通話機能もついていて、ベビーモニター、子供のチェック用としてなら十分すぎる機能です。


防犯カメラの種類を知る

ソーラー式はソーラーパネルに蓄えられた太陽エネルギーを動力源にしていて、
電源を必要とすることなく、どこでも設置可能。
そしてこれはまだ流通が余りしてなくて、業務用として利用されたりします。
コストは高くて、行政などが主な顧客層です。
そしてドーム型カメラはカメラが半球体ケースの中におさめられているもので見た目が威圧的でなく、
周りの環境とマッチしやすくて、おしゃれな印象。

天井などあればどこでも設置できるのが魅力
そしてカメラがどの方向を向てるか外から確認が難しく、侵入者に対し一定の威嚇効果が期待できます。
その一方カメラっぽくなくて、侵入者がこれをカメラと認識してなければ犯罪抑止効果が薄れてしまうことがあります。


また、ストーカー対策への高まりを受け、家庭要望はカメラもたくさん販売されていて、
家庭用でとてもリーズナブルな物から航っ昨日までバラエティに富んだラインナップ。
そして、防犯カメラを検討するときになくてはならないのが、録画カメラですが、
録画は24時間ノンストップで録画すれば電気代がかかって、あとで録画を見返す時に

不審者などの知りたい情報だけ取り出すことが難しいので、そうしたとき役立ってくれるのが人感センサー


安くても高機能だったりする

防犯カメラで一般的なものは屋外用で、外部の侵入を防げる役目があり、最初に導入する機会が多い屋外用は、
価格はどれぐらいかと言えば、最も安いのはなんと5000円から販売されていて、人気価格帯も1万円前後のものが大半。
そして、それでも最低限必要なものは満たしていて、
暗視機能。スマホで映像確認など、満足できるレベルです。
逆とても高いのは20万円以上して、SDレコーダー内蔵の高解像モニター、撮影範囲の広さ、
防水設計など多くの機能を有しています。
そして、値段は多少張っても本格的に防犯したければ検討してみてください。


屋外用カメラは種類が豊富で、価格帯も広くて選択する楽しみがあり、屋外用で考えておくことは、
電源を何にするかなど設置環境によりタイプが変わること。
そして電池式は、電池を動力源で動作するタイプのカメラで、
電源をとる必要なく配線が一切不要の電池式は屋外用防犯カメラで主流。
これは
どこでも簡単取り付けができるのが魅力
デメリットとして24時間やすみなく動作するのは、電池消耗が激しくなることで、
これにより動体検知をしたときだけ作動させることが必要。
これがなければ頻繁に電池交換する必要があります。ぜひこれらを活用しましょう。



防犯カメラ・監視カメラ